篆刻雑記(十四)

大和古印について

 

わが国に伝存している最古の印章は志賀島から出土した後漢の時代に賜与された『漢委奴国王』印と思われ、この時代は日本では垂仁天皇八十六年にあたり弥生式土器の時代です。

 

その後、三国時代、魏の明帝に倭の邪馬台国の女王卑弥呼が使者を遣わし、魏帝より『親魏倭王』の称号を受け、金印を賜ったという事が魏志倭人伝に記してあります。残念ながらこの金印は未だ発見されていませんが、前印以外にも大陸の印章が渡来していた事が解かります。

 

しかしながらこれらの印章は我国で制作されたわけではありません。我国において最初に印章が作られ、実際に使用されたのはいつころかというと、まだよくわかっていません。日本書紀に木印(きのおしで)という記述があり、これは木製の印章と解釈されています。この記述によると持統天皇の六年(692年)の前後には印章が使用されていたと推測できます。この後、文武天皇の大宝元年(701年)大宝令が出てこれにのっとり政治が行なわれるようになると、その時に新しい印の制式、様式なども頒布され、律令に基づき日本での官印制度が施行されるのです。これは中国の印章の制に倣って、これを国風に応じ改めて実施したものです。

コメント